UA-92826073-1

カテゴリ:クラウドソーシング


    ▼クラウドソーシング研究in沖縄:前回の結果17/03/11 09:38
    ▼沖縄でクラウドソーシング研究:REPO(ルポ)17/03/05 10:58
    ▼クラウドソーシングをやってみるぞin沖縄17/03/03 11:21



●クラウドソーシング研究in沖縄:前回の結果

<前回の結果>


前回のクラウドソーシング記事で文章を書くという内職をやったわけだが、その後の進展をお届けする。フロム沖縄。





340944.LINE.jpg


■結果発表


www.repo.ne.jp.jpg


ご覧下さいみなさん。


ちゃんと稼げています!


いやー、なかなか面倒でしたが、僕ごときの文が本当に売れたというのは、嬉しい。

この前やってもう懲りた感があったんですが、ちょっと払拭されました。

気分が乗った時にやる分にはよかろうもん、よかろうもん。


さて、これの意味するとこを考えました。


この文章はたしか1000字だった気がします。

それに2時間半くらいかかった。

時給換算すると、

悲しいことに気がつきます。


が、初めての投稿ですから

それなりにうれしはずかしドキドキでした。

投稿の方法を勉強したり、作業を迷ったり、ヘルプを読んだり、、

色々合わせての2時間半でした。


単純に文章作りだけの話しなら

20分にひとつ文章を書くくらいは

不可能ではないな

とも思うわけです。


時給909円。

どうですか?


■クラウドソーシングの可能性

ちなみに沖縄の最低時給は714円です。

しかも、
僕の選んだ記事を書く仕事は「かんたん」マークでした。

普通レベルの記事は1000円〜
高レベルの記事は5000円というのもありました。

6時間バイトするのと
6時間で高レベルの記事を採用されるのは
対価としてイコールです。

これは、
素晴らしいことじゃないか
と思うんです。

そのうち理由も文章にしてこのブログに残しておこうと思っていますが、
僕はたまたま沖縄と札幌のデュアルライフをすることにしました。
裕福なわけじゃありません。

僕が人より恵まれていた事と言えば
家族を含む周囲の皆に理解があったことです。

まぁ、完全に理解されているかどうかは
このさい考えるのをやめまして(笑)

僕の無謀とも言える計画を
何も言わずに(言えずに?)見守ってくれてるということです。

話しがそれましたが。

僕が目撃してしまった
クラウドソーシングというシステムと、
僕が経験してしまった
わずかながらの報酬の発生。

これは
今後の僕の人生を
大きく変えることになるんじゃないか?!
そう思ったのです。

大げさじゃなく。本当に。


■たぶん僕の人生のテーマ

340960.LINE.jpg

その地域に住むということ。
特定の地域に居なくてはいけないということ。

僕はこの10年、
ずっと札幌に居ながら、東京にも活動の拠点をつくり、全国を回りながら演劇活動をしてきました。

「自分は一体なにがしたいんだろう」
と悩みながらも、
続けて行くことだと信じて、誰にも頼まれてるわけじゃない演劇企画をしてきました。

10年が過ぎ、
ここ数年でやっと全国各地に大事な友人がいることが
とても大切なことなんだと、
リアルに感じるようになりました。

時代のおかげもあります。
SNSも発達して、LCCも参入して、
少しづつ距離の問題が解決しつつあります。

そんな中、この時代にそぐわないなとずっと感じていた(いる)ことがありました。

仕事です。

こんなに時代が進んでいるのに。
会社神話もくずれたのに。
いつでも壊れるかもしれないって気づいたのに。

相変わらずだ。

相変わらず、場所・金・人・モノに縛られている。

「色んなことから自由になる」

たぶん、これが僕の人生のテーマだと思います。

■クラウドソーシングに感動

ってエラそーに書いておりますが、

世の中はこんなに進んでいたんだなぁ!

と感動しているという話しです。

生き方の選択肢が増えているというのは
本当に素晴らしい。

これで本当にノートパソコンと紙とペンがあれば
生きていけるかもしれない。

もちろん
アフィリエイトも試そうとしています。
(最近パソコン版のスガノホームの様子がころころ変わるのは
ASPサイトのバナーを貼ったり剥がしたりして遊んでいるからです笑
その報告は別の記事で。)

クラウドソーシングの色々を調べているところです。
サイトも思った以上にたくさんありました。

もうちょっと割の良い仕事が無いもんかと。
そしてもっと僕に合った案件が無いもんかと。

次にためしてみたのが、
クラウドソーシング業界最大手と言われている
Lansers(ランサーズ)です。
(↓ここ!)


エンジニア・デザイナー必見!Webで完結、在宅で稼ぐ!無料登録(30秒)


読み直したら、なんか文章があやしい笑。ま、いいや。

でもかーちゃん、おいらは
驚愕したんだよ、本当に。


17年03月11日09時38分

●沖縄でクラウドソーシング研究:REPO(ルポ)

■クラウドソーシングるin沖縄


前回に引き続き、クラウドソーシングる。




339130.LINE.jpg


わーー!沖縄、今日天気いい!

沖縄は実はあんまり晴れないらしいです。

そういえばここ1ヶ月で「晴れたなぁ!」って日は3、4日でした。

服装や家の作りの実は結構寒いです。


イメージって恐いですね(笑)


でも晴れたらやっぱ、最高だ♪けど内職だ(笑)


■REPO(ルポ)というサイトに登録してみた。


さっそく前回検索して出てきたサイトのひとつに登録してみました。

↓ここです。


「クラウドソーシングで簡単お小遣いをゲット☆副業やお小遣い稼ぎならREPO(ルポ)で決まり!」

と言う売り文句。


(お小遣いかぁ。それだとうちの娘は沖縄の幼稚園に通えないんだけどなぁ。。)


心の中で思いながらも、記事を検索。

色んな案件がある!


『急募!<サプリ 効能 口コミ> の記事作成』

『大量募集!<消費者金融 体験談> の記事作成』

『即日承認<エンタメ,ランキング,ライブドア>の記事作成』


文字数が1000字だったり600字だったり。

いちお値段はふせときますが、

文字数や記事の難易度に応じて報酬が発生するんだな。


すげえ♪♪

なんか俺、あんまり金のこと考えて生きてこなかったから

こういう世界がもう、新しすぎる。

楽しい!♪


「かんたん」というカテゴリーで案件を並べてみる。

これで、初心者の俺でもさくさく書ける案件であふれかえるはずだ。


よし。更新。


『かんたん!<統計学,サンプル数,決め方>の記事作成』

『かんたん!超急募<消費者金融,甘い>の体験記事作成』

『かんたん!<エンタメ,セトリ,関ジャニ∞>の記事作成』

『かんた、、


「全然かんたんじゃねえよ!」


■自分に合った記事を選ぶ


一人で案件につっこみまくっているうちに2時間が経った。

俺、さっさと書き出したらもう一個や二個終わってたんじゃねぇか?


しかし、


キーワードと文字数と報酬のバランスがばらばらで

なんとも判断しかねる。


もうやってみないとわからんので

テキトーに高そうなのを選んで書いてみた。

自分にあった記事を選ばないと

苦しいことになりそうだ。


芝居の台本も最初にテキトーなタイトルをつけると

のちのち死ぬほど苦しい思いをするのだから。


よし。スタート!


30分経過。


ちょろいちょろい!


1時間経過。



あれ?


なるほど。


1時間半経過



あ、、、わりと。


そうか。


ううん。


1時間45分。


、、、え。


2時間後。


、、、、、


2時間半後


、、、、、

、、、、

、、


だぁ!ぶはあぁ!!!!


、、、できた、、、。


でもちゃんと苦しかったわ!ゼェ!ハァ!ゼェ!


なんだよ!俺初心者だぞ!

もっと優しくしろよ!


いやその前に俺!

もっと優しいの選ぼうよ俺!


こんなに文章苦しんだの学生いらいだ!大学か!


■まとめ


文章はすぐできたんだけど

依頼主が「ここはこう書け」とか「キーワードを何回つかえ!」という指示を

案件の規約に書いているわけで、

それに従うのが大変だった。


依頼主によっては、注文が多いやつと多くないやつがいる。


やった案件は、わりと注文多かった方かも。


で、

気になる報酬は


303円。


しかもまだ、
採用不採用は未確定。



ま、面白かった。
悔しいから、あと3回やろうと思う。

なぜかというと、
1000円稼がないと
振込して貰えないから。

どこまでも立場弱ええなおい!!笑


登録は超簡単だった。
ネットの裏社会を覗いているようで楽しいよ。

あれ?俺、天気いいのに沖縄で何やってんだろう。



17年03月05日10時58分

●クラウドソーシングをやってみるぞin沖縄

■クラウドソーシング


クラウドソーシングという言葉は聞いたことがあったんだけど、

まさか自分でやってみようと思うとは。


338544.LINE.jpg


■事の顛末


沖縄に引っ越しを決めたのが去年の暮れ。

今年の札幌での仕事はだいたい決っていたので、

1ヶ月くらいで行ったり来たりということになる。

じゃ暇な時間は沖縄でバイトでもしよー♪ははは〜ん♪なんくるないさー♪

と気軽に考えていた。


昨日さっそく

「単発のお仕事!3日間那覇空港でお出迎え業務!※要・道案内程度の英語力」

という不思議がいっぱいの短期バイトに惹かれてネットで登録したら、電話がかかってきた。


ちなみに、少し前に派遣法が変わったので

『単発派遣ができるのは学生か高齢者か何故か500万以上稼ぎがある人の副業の場合のみ』である。


事務の女の人から。


事務女「学生か60歳以降じゃなきゃ無理なんです」

公「でも500万以上の収入あればいいですよね?」

事務女「うち、それやってないんです」

公「あ、やってないんですか」

事務女「やってないんです」

公「じゃ高齢、、」

事務女「じゃないですよね」

公「学生」

事務女「じゃないですよね」

公「、、うん」

事務女「今回はすみません」

公「でも500万以上の」

事務女「やってないんです」

公「やってないんですね」


電話終わり。


やってないってどういうこと?!

と聞き返そうかとも思ったけど、

やってないもんは仕方が無い。

おねえさんに言ってもしょうがない。

(しかし、法律に従うのか無視するのかどっちかにした方がいいよな)


かくして私のやる気が一気に失せ、

なんだかユーチューブでビヨンセのPVを見ていたのでありました。


■で、クラウドソーシング



「いつまでもビヨンセビヨンセじゃだめだ!」

僕は再び立ち上がります。

パソコンからビヨンセの思い出をすべて排除。ネットを見る。


調べると、日雇いという雇用形態が無くなったわけではない。

本当に会社に寄るらしい。

でもあの会社の言い分はおかしい。


またビヨンセをクリックしそうになりながらも見つけたのが

「クラウドソーシング」

つまり外注をネットで受けるというものだ(あってる?)。


文章とかイラストとか漫画とかイラストレーターとかフォトショップとか。

え?それ沖縄でも受注けれんの?


すげえ。

こんなのあるんだ。

全然知らなかった。


これは俺に向いているかもしれない。

少なくとも、

「空港で英語の誰か(たぶんガイジン)を3日間待ち続ける」

よりは向いているかもしれない。


他にもサイトを発見したので列挙します。

一個づつ吟味してみるか。

↓↓↓


スポンサーリンク






















17年03月03日11時21分


スポンサーリンク
■最近書いたこと