UA-92826073-1

●釜山国際芸術祭に向け、走る。

<ジョギング1日目>
久しぶりに走り始めました。ジムをやめて以来の能動的な運動。5月25,26日『釜山国際芸術祭』と6月9-11日のハムプロ新作『アイ*ノウ』に向けての身体作りです。
6051605676245.LINE.jpg
6月『アイ*ノウ』はまだ1ヶ月ほどありますから良いとして。そろそろ迫ってきているのが20日後の釜山『カラクリヌード』公演です。

釜山国際芸術フェスティバル2017に札幌ハムプロジェクトとして参加するのです(我々の主催する『第二回男芝居フェスティバル』もよろしくお願いします)。

2017年5月26と27日、我々は2階席もある・プサンソヒャン シアターにて2ステージやりにいきます。

最初は300席程度の劇場という話しだったのですが、図面が送られてきてみると、なぜか1100人収容の大ホールでやることになっておりました。元北海道演劇財団プロデューサーの平田修二さんが持って来てくれたお話で、僕はどうしてもハムプロでトライしたくてGOすることにしました。

プサンというからには、韓国公演でありまして、韓国というからには海外であります。札幌と東京と沖縄のハムプロメンバーが一同に海外に集合します。
そういう意味でハムプロにとってもお祭です。

全ては平田修二さんのお力と、2014年『カラクリヌード/ソウルテジョン公演』の成功、そしてそれは木村典子さんコーディネートのおかげ、そしてそしてそれは斉藤歩さんのTPS時代からの韓国交流の積み重ねの賜物である。
たぶん僕が知らない立役者がもっとたくさんいらっしゃる。
この場を借りまして感謝をいたします。本当に有り難うございます。

というわけで走り始めました。

さすがに最近札幌沖縄東京を行き来しすぎで、ジムに通う癖も抜けてしまったのでさてどうしたもんかと思っていました。
酒をやめて以来、ウェイトについては考える必要もなくなっていたので身体を作るきっかけを失っていました。

僕は結局本番が決まれば運動をし出す。公演が決まれば台本を書く。金が無くなれば働き出す。そろそろ自分の質というものを見極めなければ(笑)

白い紙にペン。
マックにキーボード。
ジャージに汗。

やることの規模は関係なく
結局僕は、僕は僕のやれるベストを。

お。筋肉がなんか言っとる。
17年05月08日02時25分


スポンサーリンク
■最近書いたこと