UA-92826073-1

●禁酒4週間目

<禁酒29日目>

もう酒のこと考えなくなってきている。

■禁酒ではなく酒をやめた、について

17-02-08-19-52-34-374_deco.jpg
前回の投稿で

「禁酒ではなく酒をやめた」

と言いたいと書いた。
(→前の記事

読んだ方に感想をお聞きしたら

「やっぱり酒呑みたいっちゃ呑みたいんだな」

という印象だったようでした。

なるほどなと思いました。

きっとそうなんだと思います。

酒もタバコも、最初は吸ってみたくて飲んでみたくて始めたわけです。
それがいつのまにか、やめられないものになっている。

タバコをやめて6、7年経ちます。
今もタバコを吸いたいか?と聞かれれば、

「う〜〜〜ん。うらやましい気もする」

という答えてるんだかどうか微妙な答え(笑)

■タバコのうらやましさ。

タバコの害については皆さんご存じかと思いますが、
タバコの利については吸った経験が無いとわからんですよね。

例えば、文や物作りにつまったとき、
例えば、仕事の合間に喫煙所でダベる、
例えば、飲み会で会話に困ったとき、
例えば、待ち合わせに早くついたとき、

タバコというアイテムは素晴らしい。

例えば、この先の人生をカフェで居酒屋で一人考えようとする瞬間、

タバコをとんとんと取りだそうとし、
最後の一本と気づいて箱をくしゃっとねじり、
口にくわえながらジッポを探し、
無いことに気づいて店のマッチを探していたら、
ふいに隣から肩を叩かれ、
見れば100円ライターの灯火の向こうに
一人で酒を飲んでいた美しい女の顔。

ほら、妄想込みでタバコというアイテムは素晴らしい!

そういう意味で、う〜〜〜ん羨ましい!となるにはなる。

でも、もう戻ろうとは思わんのです。
この6、7年で1回か2回だけ、
酔ったついでに一本ふかしてみましたが、
ひと吸いでやめました。

もちろんおいしいと感じなかったのもありましたが、
たぶん、
また吸い始めるのが怖かったんだなぁ。

タバコのとき、
僕は頑として禁煙や断煙という言葉を避けました。
もうタバコをやめることに失敗して
情けない思いをしたくなかったから。

だから今回も
禁酒ではなく酒をやめたと言い続けなければ!!

これはイベントではない。
卒業である!

■禁酒29日
とかいいつつ、検索語としては禁酒・断酒が優れているのでblogでは採用(笑)

その後の変化(前回に足します)

・寝付き(禁酒2週間)
・熟睡(禁酒2週間)
・寝覚め(禁酒2週間)
・頭の冴え(禁酒2週間)
・寝相がよくなった

なぜか起こっていること

・頭痛(禁酒2週間)
・肩こり(禁酒2週間)
・10時くらいに眠くなる(禁酒2週間)
・酒のこと考えなくなった
・カフェインもやめてみたくなっている

ガッカリしたこと

・もともと記憶能力が低いかもしれない。

昨日のことをあっさり忘れているのは酒のせいだと思い込んでいましたが、
酒をやめた今もなお、忘れている(笑)
これはガッカリしました(笑)

■演劇話

最近は6月公演『アイ・ノウ』を構想中。
AINO.jpg
沖縄にいるうちに台本にする。

沖縄生活にはまだ慣れていません。
札幌にいるときの仕事と
沖縄にいるときの仕事を
なるべく混同しない方がいいのか
むしろ混同しまくるべきか
そのあたりをまだ悩んでいます。

娘と遊ぶのに忙しく、
台本のこと忘れるのが心配で沖縄GEOでビデオを借りた。
が、
やっぱり娘と遊ぶのに忙しく(笑)、
観ないで返すかもしれない。


17年02月28日10時31分


スポンサーリンク
■最近書いたこと